肘折温泉にてついに『肘響』開催決定!

| No Comments | No TrackBacks
さて告知もはじまりましたが
『鳴響』『渋響』に続く第三の温泉チルアウト『肘響』の開催が決定しました。

入門編ともいえる『渋響』、
よりディープな自炊湯治をフィーチャーした『鳴響』、

 そして第三の地にして涼音堂の温泉シリーズの出発点である肘折温泉で開催される『肘響』。

鳴子温泉と肘折温泉は、

どちらも「南東北と北東北の境目にある温泉街をもつ湯治場」

という 良く似たタイプの温泉地ではありますが、 

よくみるとこの二つも対照的な性格の温泉地であることがわかります。

鳴子温泉を訪れた人ならピンとくる、 

湯治場でありながら世俗的な楽しさとユルさと愛らしさに満ちた鳴子温泉。 

対して肘折温泉はどこか厳かな「聖なる」雰囲気に包まれています。

どちらも良く似た東北のディープな湯治場ながら 肘折温泉と鳴子温泉は「聖と俗」のペアをなしている。

「ひじおり」は「聖(ひじり)居り」から来たという説も説得力アリ。

渋温泉のメインの外湯である「大湯」も道祖神の祠の地下にあり、

 鳴子温泉のメインである「滝之湯」も温泉神社の御神湯。 

肘折温泉のメインである「上の湯」にはお地蔵さんが鎮座しています。

それぞれ湯への信頼と信仰に根ざしたなりたちは同じでも、 

それぞれの土地によってその表現が違う。

この3つの温泉をつないで、 三位一体の温泉のトリニティを描く事が出来るのではないか。

そんなことを考えました。 

No TrackBacks

TrackBack URL: http://blog.ryoondo-tea.jp/mt/mt-tb.cgi/130

Leave a comment

Categories

  • news
  • system

About this Entry

This page contains a single entry by 茶人 published on June 15, 2013 10:53 PM.

PsysEx六本木 SuperDeluxeにてライヴ! was the previous entry in this blog.

LISN京都にて"RHYTHM"涼音堂映像展開中 is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.